京英会とは


―日中の草の根交流を学生間から地域・社会全体に広げていく― 

「日中交流学生団体 京英会」は、
中国語を学ぶ日本の学生と、
日本語を学ぶ中国の学生が共同で企画・運営をしています。

私たちは、
「日中の草の根交流を学生間から地域・社会全体に広げていく」ため、

・夏に東京・北京で、2週間かけて行う交流プロジェクト
・日本にいる中国人学生との交流会
・中国関連で活躍中の社会人との交流会
・中国や日本についての理解を深める勉強会
・中国語学習プログラム

などを運営・実施しています。
詳しくは、主な活動をご覧ください。




発起人挨拶


「私が見た中国はもっとよかった。」

中国留学を経て日本に帰国し、世間の報道を見ていて強く感じます。
留学前までは、私は今の中国に対して「共産党が独裁しているおっかない国」と思っていました。
けれども留学を通じてたくさんの暖かい中国の人々に会い、大変お世話になり、自分自身の目で見て、体験することの重要さを痛感しました。まさに「百聞は一見に如かず」です。
 私たちはもはや自国で生活していながら自国だけでは生きられない、そのような状況に置かれています。私たちは世界の他の国々と協力していかなければなりません。
けれども現在、メディアや書店を見ていると、中国の人々の本当の姿が見えていないように思います。国家と人々は違います。
最近の尖閣諸島問題に始まった反日、反中運動などを見ると、日中両国は双方の国に対してあまりに偏りがあり不要な不信感を持っているように感じられます。
 ものごとを動かすのは人と人の信頼があってこそ、人は人のために心を動かされます。
自分の国や相手の国に一人でも信頼できる友人がいれば、不信感ではなく優しさが国を超えて広がると思います。
 この会は互いの国を一週間ずつ訪問し合い、共同生活をしながら現地語を用いて地域社会の人々と交流したり、社会について議論をしたり発表会を行ったりします。
相手国の文化や言語への深い理解だけでなく、
将来を担う若者達が強い絆で結ばれることは、個人だけでなく国にとっても大きな財産になると確信しています。
 まずは行動することからです。私たちの活動をきっかけに、日本と中国の関係がよりよいものになればと思っております

2011年度代表 秋元祥恵 (東京外国語大学 外国語学部 中国語専攻 4年)


京英会の由来


「京英会」の中国語の発音は“jing1 ying1 hui4”
「精英」“jing1 ying1”=中国語で「卓越した人物」という意味。

【京】東京と北京の、
【英】日中関係の将来を担う“精英”を目指す学生たちが、
【会】生涯の宝となる信頼関係を築ける場所。


代表挨拶

 近年国際化が進む中で、中国の存在感は増していくばかりです。今後日本が活動していく上でもこれまで以上に中国との協力は欠かせなくなるでしょう。そんな中、学生のうちからその国を学び、実際に自分の意思で赴くことは大きな価値のあることに間違いありません。


 聞いたものと実際に見るものとが全くもってかけ離れていることは往々にあることです。みなさんはニュース特番や世界・日本を紹介する番組で中国のことを見る機会は多いでしょう、しかしそこで見たものが本当に全てなのでしょうか。中国をただ悪く言うものが多いのではないでしょうか。私自身、大学に入るまでは「なんか社会主義怖い、なんか中国人マナー悪そうだ、なんか危なそうだ」と思っていました。しかしそれは全て「なんか〜だと思う」という漠然としたもので、「テレビで見たから」という薄い根拠の上でしか成り立たないものでした。画面に映し出されているのは、メディアが好んで選んだ情報でありそれが本当かどうかはわかりません。しかし、私は知ったかぶりをしていました。もちろん今でも全く経験が足りていません。知ったかぶりが続いてしまっています。結局は何も知らないのに知ったように思い込んでいるのは怖いことですが、それに気がつけたのは自分としては非常に幸運なことだったと思います。


 そしてその気づくきっかけを提供してくれたのが、「京英会」という団体でした。私は1年生の時に初めて参加して、この団体にかかわるのは2年目になります。当時は大学に通うのが初めてで、このようなレベルの高い団体に入るのも初めてでした。はじめは緊張しましたが、アットホームで、新しいことも多く、新鮮な環境の中で幸運なことにのびのびと学ぶことができました。そして、先輩方の教えを受け継ぎ、今年度ものびのびと学べる団体にしたいと考えています。


 今回、京英会のメインとなる夏の訪問プロジェクトや様々なイベントを通して、皆様の新たなる発見のきっかけになれたらと思います。京英会による日中の大学生同士の草の根交流から、日中友好への一歩に貢献できるよう、京英会スタッフ一同頑張ってまいりますので皆様のご協力のほどよろしくお願いいたします。


2018年度代表 
東京外国語大学 言語文化学部 中国語学科2年 市川 倫太郎

TOPICS

京英会とは
発起人挨拶
京英会の由来

ABOUT THIS PAGE

京英会の紹介です。













































         ページのトップへ